ブログ

リスニング上達のコツ 真似できると聞き取れるアハ体験

驚いている女性

真似できると聞き取れるアハ体験

リスニング力アップの最短かつ最大のコツは自分で発音できるようにすることです。よく言われることですが、話せる言葉は聞き取れます。

聞き取れなかった英語もお手本のように真似できるようになると、霧が晴れたように急に聞き取れるようになります。お手本を真似するリピーティングでは自分の声を自分で聞くことになります。その最中にわかった!と気づきが生まれることもあります。一種のアハ体験です。

大事な点はお手本の発音やリズムをできるだけ正確に真似することです。リスニングを苦手にする方は多いのですが、それは日本語と異なる母音や子音を認識できていないからです。お手本の英語をできるだけ忠実に真似する練習をすることにより、脳が英語独特の発音を認識できるようになり、リスニングが簡単になります。

例えばwantとwon’tの発音の違いも自分で発音できるようになれば、リスニング時に瞬時に判断できるようになります。

そもそも聞き取れない英語をどうやって真似するの?

このような理屈を説明すると多くの方は納得してくれるのですが、次にぶつかる悩みが「お手本の英語のスピードが速くてうまく真似できないという」というものです。何度聞いてもどのように発音しているかわからないという経験はありませんか?

これはもっともな話です。リスニングに慣れていない人がナチュラルスピードの英語を真似するのはとても困難です。

ここで思い出していただきたいのが、幼児に言葉を教える時のことです。幼い子供がうまく真似することができない単語や言葉があった時どうしますか?

おそらくゆっくりのスピードで教えてあげるはずです。何度かゆっくりのスピードで伝え、子供はそれを何度か真似することにより、自分の言葉にしていきます。

英語も同じです。リピーティング練習に必要なのはゆっくりスピードの英語なのです。ゆっくりスピードで聞くと、何度聞いても発音がわからなかった英語がよく理解できるようになります。

ハッピーイングリッシュでは単語のリピート練習において「英語⇒日本語⇒ゆっくり英語⇒英語⇒ポーズ」という順番で音声CDが用意されています。これにより誰でもネイティブの発音を理解し真似できるようになっています。

「ゆっくりスピード」は弊社大人向け英語教材プライムイングリッシュでも取り入れている効果抜群のメソッドです。プライムイングリッシュは手加減なしのナチュラルスピードを売りにしていますが、これを聞き取るための練習として「ゆっくり発音でのリピーティング練習」を取り入れています。

リスニング上達のコツまとめ

ゆっくりスピードの英語でお手本の英語をできるだけ正確に真似る練習(リピーティング)を繰り返し行います。リピーティングを繰り返すことにより、英語独特の音が脳に認識されるようになります。脳が新しい音を認識するとリスニング時も瞬時に音の違いを判断できるようになります。

ハッピーイングリッシュはイムラン先生が自分の子供のために作った本気の英会話教材です。内容もジュニア英会話スクール数年分に相当する濃密さです。楽しく飽きずに学習ができて、効果は抜群です。大人の方でも「こんな英語教材で勉強したかった」と思われること請け合いです。14日間の返品無料期間を設けていますので、ぜひお手にとってご覧いただければと思います。

ハッピーイングリッシュの詳しい説明はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る