ブログ

バイリンガル講師が教える「英語を英語で理解することよりも大切なこと」

英語を勉強する子供

英会話スクールの先生などから「英語は英語のまま理解しましょう。日本語を介しているといつまでも英語はできるようになりませんよ」と言われることはありませんか?

もっともな話に聞こえますが、実は必ずしも正しい主張とは言えません。なぜなら英語に慣れていない子供や初級者の場合、学習効率が悪く、場合によっては理解が不十分なまま間違った英語を習得してしまう危険性があるからです。

英語初心者は日本語での解説は必須

英語初心者の方には、英語を英語で教えるダイレクトメソッドは不向きです。英会話スクールでいくら先生がゆっくりと繰り返し話してくれたとしても、理解できないものは何十回聞いても理解できません。理解できたとしても一部分だけで完全な理解には至りません。

一部分の理解を積み重ねていけば少しずつ進歩していく可能性はありますが、明らかに非効率な学習法です。それだけでなく理解が不十分なことにより間違った理解をしてしまう危険性すらあります。

このことを実感するために試しに英英辞書でいくつか単語を調べてみるとよいでしょう。元々意味をしっている単語であれば日本語の理解を介して英語も理解できるかもしれません。しかし未知の単語の場合、ほとんど理解できないのではないでしょうか?

幼児はダイレクトメソッドで語学を習得するのでは?という疑問について

当然ですが、英語を母国語とする幼児は親や先生から英語で英語を教わります。小学生ともなれば、ほとんどのことを表現できるようになります。

同じように大人であってもダイレクトメソッドで英語を習得することは可能であるはずと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし幼児がダイレクトメソッドで言語を習得できるのは、常に近くに忍耐強く言葉を教えてくれる保護者がいるからです。親は新しい言葉を子供が既に知っている言葉を使って説明します。何度でも繰り返して説明します。そして親であれば子供の拙い表現でも内容を理解し的確にアドバイスすることができます。

子供が母国語を覚える環境というのは特別です。このような存在があるから幼児は母国語を発達させることができるのです。

このような環境なしで、未知の言語を母国語の理解を介さずに直接理解するのは不可能です。このことはいくら英語のCDを聞き流しても、それだけでは決して話せるようにならないことからも明白です。

日本語を介しても英語思考になれる

ここまで英語初心者の場合、英語の学習には日本語での理解が不可欠という話をしてきましたが、これは英文を完全に日本語の文章にして理解するという意味ではありません。英文を日本語の語順に並べて理解する方法は、一般的に言われているように英語習得の弊害になる可能性があります。その方法ではネイティブの言っていることを瞬時に理解し、自分の言いたいことを瞬時に英語にするという水準に達することはできません。

大事なのは英語を英語で理解することよりも、「英語の語順で理解する」ことです。英語の語順のまま理解することができるようになれば、日本語を介しても高速に英語を操れるようになります。

英語の語順で理解するにはチャンクが効果的

それでは実際、英語の語順で理解するためにはどのようにすればよいのでしょうか?

例えばハッピーイングリッシュのテキストに
I think we can make it back by 6.
という文章があります。

これを語順を入れ替えて日本語訳しようとすると理解までに相当の時間がかかってしまいます。そこでチャンクの登場です。チャンクとは単語の塊です。意味単位で塊にします。

上記の例であれば、
I think(私は思う)/ We can make it(間に合うと)/ back(戻るを)/ by 6(6時までに)
という形で分割して理解していきます。

このように長い文章でもチャンク単位で区切って理解していくと、英語思考ですばやく英語を理解できるようになります。ぜひ試してみて下さい。

 イムラン・スィディキ 


1976年生まれ。英語をスーパー楽しくする会社、株式会社ブルーフレイムの代表取締役。上智大学大学院卒業で、日本語はペラペラ。大学院在学中に複数の英会話スクールで講師を務め、多くのスクールで人気No.1講師となる。「コペル英会話スクール」を設立。その後、mixiにメンバー10万人を超すコミュニティを設立、YouTubeでは8万人を超えるチャンネル登録者を獲得し、アプリ50万ダウンロードを達成する。


 

ハッピーイングリッシュはイムラン先生が自分の子供のために作った本気の英会話教材です。内容もジュニア英会話スクール数年分に相当する濃密さです。楽しく飽きずに学習ができて、効果は抜群です。大人の方でも「こんな英語教材で勉強したかった」と思われること請け合いです。14日間の返品無料期間を設けていますので、ぜひお手にとってご覧いただければと思います。

ハッピーイングリッシュの詳しい説明はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る