ブログ

英会話初心者がやってはいけない学習法と最初にすべき3つの学習法

失敗

英語がぺらぺらに話せるようになるには、話すだけのトレーニングだけで500時間が必要だと言われています。英会話スクールなどで週1回1時間のレッスンを受けるとして1年間で約50時間。500時間達成するには10年間必要ということになります。気が遠くなりますね。

しかしぺらぺらとまではいかなくても、自分の言いたいことを伝えるレベルであればもっと短時間で効率的に達成することができます。そのレベルでは不満ですか?でも10年間英語を勉強している人でもそのレベルに到達できずに悩んでいる人はたくさんいます。まずは英語でコニュニケーションを取れることを目標にしましょう。そこに達すると英語が本当に楽しくなりますよ。

英語初心者が失敗しやすい勉強法

まずは初心者の方がやりがちな間違った英語勉強法です。

単語帳で単語の暗記

単語帳で単語を覚えるほど非効率な勉強法はありません。理由は次のようなことです。

使うかどうかわからない単語を覚えることになる

単語帳では自分で使うかどうかわからない英単語も覚えることになります。例えば「しまうま」zebraです。動物は単語帳の定番です。

動物園によく行く人や動物園関係者であれば知っておいたほうがよいかも知れませんが、一般の人が「しまうま」という言葉を使うのは年に1回あるかどうかではないでしょうか?せっかく単語を覚えても使う機会がありません。

覚えた単語をどのように使えばよいかわからない

単語は単独で覚えてもあまり使える英語とはなりません。例えばexciteという単語を覚えたとします。「ワクワクした」と言いたいとします。単語だけで覚えているとやりがちなのが、I excited.です。正しくは I was excited.ですね。このような事例はたくさんあります。

聞き流し学習

何もしないよりはマシですが、聞き流しでは絶対に英語は話せるようにはなりません。時間の無駄です。聞き流しだけの英語学習で、「いつまでたっても英語ができるようにならない」というのは当たり前です。

英語初心者にオススメの英会話勉強法

インプットをたくさんする

英語の知識はたくさんあるのに話すことができないという人はアウトプット練習が必要です。TOEIC700点、800点でもしゃべれない人はたくさんいます。その場合はアウトプット練習が効果的です。

しかし英語初心者の方は絶対的なインプットの量が少ない状態です。頭の中に話すための材料が揃っていません。最初にインプット学習で基本的な話すための型を習得しましょう。

インプットのための学習教材は何でもよいのですが、(1)CDでお手本の英語が聞けること(2)会話形式であること(3)会話の内容が実用的であること、の3つは満たしているほうがよいでしょう。

聞き流しは絶対にだめですよ。お手本のCDを聞いて、自分で声に出して真似しましょう。会話形式の教材であれば、登場人物の一人になりきって感情を込めて声に出すと効果的ですよ。

例文を丸暗記する

英語なんて簡単です。基本的な型に単語を入れ替えて使うだけ。一から全部英語を考えないといけないと思うから大変なのです。既にある文の形を借りてきて使えばよいのです。

試しに100の例文を覚えてみて下さい。かなりのことを表現できるようになりますよ。

「会話のパターンは無限にあるのだから暗記は役に立たない。文法を学ばないと対応できない」という人がいます。文法が役にたつことは否定しません。しかし文法だけでは絶対に話せるようにはなりません。話すための型をどんどん蓄積していったほうがずっと効率的です。

自分の言いたいことを英作文する

英語教材等で基本的な英語の型を学んだら、今度は自分が言いたいことを英作文してみましょう。英作文をしてそれを丸暗記すれば少なくてもそのことについては100%言えるようになるわけです。

できれば作成した英作文をネイティブに添削してもらうとよいでしょう。

 イムラン・スィディキ 


1976年生まれ。英語をスーパー楽しくする会社、株式会社ブルーフレイムの代表取締役。上智大学大学院卒業で、日本語はペラペラ。大学院在学中に複数の英会話スクールで講師を務め、多くのスクールで人気No.1講師となる。「コペル英会話スクール」を設立。その後、mixiにメンバー10万人を超すコミュニティを設立、YouTubeでは8万人を超えるチャンネル登録者を獲得し、アプリ50万ダウンロードを達成する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る