ブログ

小学生の英語 | 教科化とは何?どんな準備をすればよい?子供に英語を学ばせる5つのポイントとは?

小学生が廊下を走る姿

2018年から小学校において英語の教科化が段階的にスタートしました。英語の教科化とは何でしょうか?教科化によりこれまでとどのように変わるのでしょうか?

小学生のお子様を持つ保護者の方においては、どんな準備をすればよいのか?子供にどうやって英語を学んでもらえばよいのか?と様々な不安があるかと思います。

英語教育業界のカリスマ、イムラン先生に答えていただきました。※全面的な英語の教科化は2020年からです。

英語の教科化とは何か?

そもそも英語の教科化とはどのような意味なのでしょうか?2011年から小学校5、6年生において「外国語活動」が既にスタートしていますが、それとは何が違うのでしょうか?

成績がつけられる

教科化になることによる一番大きな変化は、国語・算数・理科・社会といった他の教科と同様に正式な教科になることです。正式な教科になることによって「成績」がつけられます。

教育熱心な保護者の方においては、塾・英会話スクール・英語教材を検討する動きが増えているようです。

学習内容が高度化する

これまでの「外国語活動」はゲームや歌を中心にして、楽しみながら「英語に触れる」ということに主眼がありました。英語に親しんで慣れることが目的です。

今度は教科化により「英語を習得する」ということに主眼が置かれるようになります。そのため、学習内容も高度化します。これまでの「聞く」「話す」に加えて「読む」「書く」スキルも身につけていきます。

そして前述の通り、習得度合いを評価する成績が付けられるようになります。

学習時間が倍になる

学習内容が高度化するに伴い、年間の学習時間がこれまでの35時間から70時間へと倍増します。学校指導要領では教育活動が年間35週以上を前提としていますので、70時間というのはおよそ1週間に2コマの計算になります。

  外国語活動 教科化
目的 英語に触れる 英語を習得する
学習内容 聞く・話す 聞く・話す・読む・書く
年間学習時間 35時間 70時間
成績 付かない 付く

学校の授業風景

どんな準備をすればよいのか?

学習内容が高度化し、成績もつけられるようになると聞くと、どうすればよいのかと焦る保護者の方もいらっしゃるかと思います。

英語ができることは一生の武器になりますので、この機会にお子様の英語学習について真剣に考えることはよいことだと思います。気をつけていただきたいのは「学校の成績をよくする」ことを英語学習の目的にしないことです。

学校の成績がよくなっても英語が使えるようになっていなければ意味がありません。厳しい言い方になりますが、ご自身が振り返ってみると、学校の成績はよかったのに英語が全然使えない、いう保護者の方も多いのではないでしょうか?

その意味では英語が教科化されても引き続き「聞く力」「話す力」を学習の中心にするのがよいでしょう。母国語である日本語においても最初は「聞く」「話す」を重点にしていたはずです。学校の教科書に合わせたCDを購入して学習するのも一つの手です。ただ、学校の教科書ですと内容に興味を持てないお子さんもいらっしゃるでしょう。その場合は、CD付き英語教材で内容に興味を持てるものを活用してもよいでしょう。

子供が全然英語を勉強してくれない!どうすればいいの?

子供は「英語ができれば将来就職に有利になる」などの理由では勉強しません。英語自体に興味を持てなければ、親がどんなに口酸っぱく言っても学習は長続きしないでしょう。そのためには子供に英語は楽しいと思ってもらうことがとても大事です。英語が好きになれば英語が話せるようになるだけでなく、自然と学校の成績も上がります。

英語学習として塾、英会話スクール、英語教材、どんなやり方でも構いませんが、子供に英語を好きになってもらい、コミュニケーションとしての英語を習得させるには次の5つのポイントが欠かせません。

親も一緒に学習する

小学校高学年ともなると母国語の日本語を操る能力はほぼ大人と同レベルです。しかし英語においては赤ちゃん、幼児レベルです。とても簡単に思えるようなことでも学習につまずくことがあります。最初のうちはお父さん・お母さんが子供の英語学習に寄り添って一緒にやるとよいでしょう。

また親子で英語学習することのメリットとして、家庭内で英語を使う機会が増え、英語を身近なものとして感じられるようになってくるということがあります。例えば”I’m leaving.” “Have a good day.” のようなやり取りができるようになるとよいですね。

家庭内や友達と使えるセンテンスで学習する

子供にとって未知の言葉である英語を学ぶということは、本来ワクワクするはずです。それなのにいつの間にか興味を失って嫌になってしまうのは、学習するセンテンスが身近に感じられないことが原因です。例えば”This is a book.”「これは本です」のような教科書的なセンテンスでは子供は興味を示しません。子供が使いたくなるようなセンテンスで英語を学習すれば子供は自主的に英語を使うようになります。

理屈を説明しすぎない

お父さんお母さんが子供の英語学習に関わることはとても大切なことですが、気をつけていただきたいのが文法などの理屈を説明しすぎないということです。理屈ばかりだと子供が嫌になってしまいます。英語はとにかく使ってみることが大事です。積極的に使うことを促してあげて下さい。

とにかく褒める

英語学習に限ったことではないですが、できたことを褒めてあげるようにして下さい。一つの単語の発音ができたというようなことでも構いません。「発音が上手だね」などと声をかけてあげましょう。褒めれば英語が好きになり、必ず子供は伸びます。(大人だって褒められると嬉しいですよね!)

単語はセンテンスの中で覚える

子供が英語を嫌になる原因の一つが単語の丸暗記です。単語帳で英語を覚えてもなかなか使える英語にはなりません。日本語でもあまり使わないような単語を暗記させられるのは子供にとって苦痛です。よく使うセンテンスをまるごと言えるようにしたほうが楽しいですし使える英語になります。

ハッピーイングリッシュ

 イムラン・スィディキ 


1976年生まれ。英語をスーパー楽しくする会社、株式会社ブルーフレイムの代表取締役。上智大学大学院卒業で、日本語はペラペラ。大学院在学中に複数の英会話スクールで講師を務め、多くのスクールで人気No.1講師となる。「コペル英会話スクール」を設立。その後、mixiにメンバー10万人を超すコミュニティを設立、YouTubeでは8万人を超えるチャンネル登録者を獲得し、アプリ50万ダウンロードを達成する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る